遠心出力や重力などについて習得をしていました

地球について稽古をしました。地表の物体に動く重力は緯度や高さ、地中の仕組みによっても異なります。遠心アビリティーは転回進度が大きいほど、また転回中央からの距離が大きいほど大きくなる結果赤道で最長になりますが、その数値は甘言の1/300にすぎないので、重力の針路はきっと地球の重心に向かいます。重力の針路は鉛直の路線で、これと直角な要所が水平面だ。重力のがたいは重力によって落下する物体の加速度で表され、たいてい9.8m/sですが緯度により異なり赤道で最低限、極で最長となります。地球の磁場(磁界)は、地球の中心に自転中央と約11°傾けておかれた棒磁石による磁場に似ています。この、地球の持つ磁気とそれによる磁場を地磁気といいます。地球の磁場は、1つの永遠磁石による磁場に近いです。赤色の線は磁力線を表します。伏角は北磁極では90°、南磁極では−90°になります。このようなことを覚えましたが、知らないことばかりでした。