お日様のことや明かり球などについて習得しました

太陽系などについて訓練しました。原始惑星生成の過程で、太陽の近くでは気体が吹き飛ばされて、岩石の惑星ができ太陽から遠いところでは原始惑星が気体をとらえて木星形惑星ができました。太陽は、穏やかに光を出し続けているように見える。しかし、最近の電波やX線記録などに因ると、太陽は大きく活動していて、その見せかけの見た目は刷新に富んでいる。望遠鏡で太陽像をゼロに投影すると、その中心部がやはり明るく間近部に行くほど徐々に暗くなっている。こういう実態を間近減光といいます。これは、太陽は光を出す気体球であり、太陽の緑に行くほど温度の低い浅いポイントからの光を見ているためです。こういう記録罹る光を出している厚さ約500kmの大気のクラスを光球といいます。中央から光球までを太陽自体と見なすと太陽は半径約70万km、見せかけ気温約6000Kのガスの天体だ。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったなと思いました。http://xn--eckr4nmbzet23wol1b.xyz/