直接的な人と人との繋がりはとても大切なものである

互いの国が歴史的に問題を抱えていると、どうしても偏見や差別が生まれてしまう。
しかし、直接その国の人たちと触れ合ってみるとそんなことは感じないことの方が多い。
互いに助け合っていることのほうが多いように感じる。
実際に、電車に乗っていて外国人に話しかけられることがあるし、気軽に話し掛けてもらえるとこちらも嬉しく思う。
道を聞かれることが多いが、全世界の言葉を気軽に話せないことがもどかしい。
最近は自動で翻訳してくれるアプリなど、いろいろ便利なものが出てきている。自動通訳してくれるメガホンをテレビで見たときはすごい時代だなと思った。
このまま進化を続ければ、イヤホン状の翻訳機も出回って、世界中の人が自然と会話できるようになるだろう。
もしかしたら、イヤホンなんて必要なくなるかもしれない。だって、既にチップを埋め込んでいる人がいるくらいだから。
その先はチップすらいらなくなるんだろう。
生きているうちにどこまで便利な世界になるのか楽しみだ。