魚の目はちぎってもちぎってもきりがないですよね

魚の目って出来てしまったらもう絶対綺麗になくならないと思っていましたが、綺麗さっぱりなくなるんですね。さっき、違う魚の目を切っていまして、思い出しました。年初まで1年ほど入院していまして、寝たきりだったので、その間に魚の目が消えたようですね。他の部分のはまだ残ってますが、その消えた部分のところはみごとというほどに消えてしまいました。丁度足裏の真ん中にあったのですが、あとは両足の小指の下、つまり端っこですね。あるんですが、定期的に詰めきりでちぎっています。気持ちいいですよね。私の場合、歩いても痛いほどというひどさではないのでいいですけど、職場の同僚で歩くのも痛いというほどの人がいて、見させてもらいましたが、すごいですね。私のなんかかわいいもんですよ、それと比べると。見てるだけで痛そうでしたね、その人の。あまりにすごすぎて笑っちゃいました。歩き方が原因なんでしょうね。私、元は蟹股なんですが、まっすぐに足を向けて歩くようにしたら、はじっこに魚の目が出来てしまったのです。

いなり寿司を食べたり番組を見たりしていた

昼ごはんを食べました。最初は、そうめんを食べました。あまり食欲がないので、そうめんだけでお腹がいっぱいになりました。しかし、コロッケも買っていたみたいなので、コロッケはしばらくしてから食べました。じゃがいもが結構入っていました。ボリュームが結構ありました。しばらくしてから食べましたが、それだけでもお腹がいっぱいで他のものを食べるのは、無理でした。そして、しばらくしてから歌を歌いました。今回は、韓国のアーティストの曲を歌いました。やはり、歌を歌うことはとても楽しいことだなと改めて思いました。歌を歌っていることが1番嬉しいことだと思います。誰もいないところで歌うとなるばく緊張せずに歌えます。そして、晩ごはんを食べました。最初に、いなり寿司をもらってきていたので、いなり寿司を食べました。お酢がきいていて、味がちょうど良かったです。そして、19時くらいから放送されていたバラエティー番組を見ました。